1. ホーム
  2. 光峰苑スタッフブログ

スタッフブログ

画像をクリックすると拡大して見ることができます

聖霊短大のみなさんようこそ!(7月5日)

2019年07月26日

お手玉ワールドカップ…旗が倒れそうでドキドキ!

 

生徒の皆様による“ラーメンダンス”です!

 

最後は光峰苑歌を一緒に踊りました。

 

6月27日と7月4日、聖霊短大の生徒の皆様がボランティアに来てくれました!

6月27日はお手玉ワールドカップというデイサービスではお馴染みのゲームを行いました!真ん中に立てた旗を倒さないように、お手玉を取っていくという簡単なルールですが、これが意外と難しいんです…どんどん傾く旗にハラハラドキドキの大盛り上がりとなりました。

7月4日は、紅白歌合戦と題し、生徒とご利用者による歌合戦を行いました!最後には生徒の皆様から“ラーメンダンス”という踊りを披露して頂きました。ラーメンの器を被った生徒が登場するとホールは笑い声に包まれました!

愉快な歌と軽快なダンスにまたもやホールは大盛り上がり!
元気な生徒の皆様にパワーを頂き、とても賑やかな2日間となりました。

聖霊短大の皆様、ありがとうございました。また来年もお待ちしています!


デイサービス  H記

新しい出会い(7月5日)

2019年07月18日

高校生に囲まれて嬉しいやら恥ずかしいやら

 

高校生の歌声に青春時代を思い出しました

 

緊張しながらもハンドマッサージ受けてます。

 

7月5日、秋田北高校JRC部家庭クラブの慰問がありました。

皆様、初めは緊張していた様子でしたが利用者へハンドマッサージをしながら色々な話をしているうちに自然と笑顔が溢れ、とても楽しい時間となりました。
  
最後には生徒の皆様が校歌を歌い、その綺麗な歌声に皆さんがうっとりしていました。

これから本格的な暑さがやってきます。生徒の皆様からもらった元気で暑い夏を乗り切りましょう。

秋田北高校JRC部家庭クラブの皆様、本当にありがとうございました。

  

特養ほどの  T記

レッツ!クッキング!!(6月26日)

2019年07月09日

あさづけ作りの説明を聞く

皆様の表情は真剣です。

 

「こうやって潰すんだよ、懐かしい」と

自然に笑顔が零れます。

 

見事な艶!市販の物とも見劣りしません。

 

蒸し暑い毎日、ドライブ等の外出もままならない時期ですね。そこで特養ほどのではあさづけ作りを行いました。

郷土食のあさづけは県内のご利用者はもちろんですが、県外出身の方々からも好評でいつも楽しんで頂ける調理イベントです。
ではレッツクッキング!!

今回は小鉢位のすり鉢を用意し、米のつぶしをご利用者にお願いしました。すりこぎを回す手つきは慣れたご様子。「もっと細かくなくちゃ!」「すり鉢に水が多すぎ!」と、作り続けて○○年のアドバイスが飛び交い頼もしい限りです。すりつぶした後は職員が練り上げ、器に盛りつけます。

さぁ、お待ちかねのおやつタイム。冷たくてちょっと酸っぱい味付けがお口も体も爽やかにしてくれます。「もう少し酸っぱくてもいいね。」「もっと食べたい!」等うれしい感想も頂き、次回に生かしたいと思います。

来月の調理イベントはいったい何でしょうか?
実は…ご利用者と同じくらい職員も楽しみにしているのです!



特養ほどの   M記

懐メロに心躍らせて(6月26日)

2019年07月09日

懐かしの歌にご利用者の方も

口ずさんでいました。

 

迫力の歌声にうっとり!

 

ドンパン節では会場が一体に!

 

26日午後、多目的ホールで“懐メロ歌謡サークル”の皆様による、歌の慰問がありました。秋田市シルバー人材センターの皆様で構成されたボランティアの団体で、昨年10月以来の来苑でした。

特養、ショートステイ鶴木台、デイサービスセンター合わせて62名の利用者の方が参加され、“高校三年生”“達者でな”“異国の丘”等の懐かしい昭和の歌を中心とした歌謡ショーを楽しまれていました。

ドンパン節、秋田県民歌での全員合唱では、利用者の方も手拍子を入れながら、一緒に歌われていました。

ステージが終わり、最後に福笑い三唱をおこないました。「ワッハッハッハッハ」「ワッハッハッハッハ」「ワッハッハッハッハ」の笑い声が多目的ホールに響き渡りました。笑う門には福来る。笑い声と共に、皆様の寿命もいっぱい延びたのでは、と思いました。

“懐メロ歌謡サークル”の皆様、来年もお待ちしています。


デイサービスセンター   I記

備えあれば憂いなし(6月21日)

2019年07月09日

打ち合わせ中・・・一つ一つ確認。

いつも以上に真剣!!

 

職員の指示に従い避難完了。

静かに待ちます。

 

消防隊員とのやり取りに

一段と緊張感が漂います。

 

特養ほどのでは6月21日に夜間に火災が発生したことを想定した防災訓練が行われました。

職員が「火事です!!」と消火と避難の準備をしていると利用者の皆様も少し緊張した様子。

煙除けのタオルでしっかりと口と鼻を抑え本番さながら真剣に取り組んで頂いたおかげで無事に全員避難完了。

火災はあってはなりませんが、万が一に備え迅速に対応できるよう日々精進せねばと気持ちが引き締まりました。



特養ほどの  M記

<< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >>