1. ホーム
  2. 光峰苑スタッフブログ

スタッフブログ

画像をクリックすると拡大して見ることができます

生徒の皆様に感謝(1月26日)

2017年01月27日

たくさんのお礼のお言葉を

ありがとうございました。

 

生徒の皆さまの言葉は私達にとって

励みになりました!

 

先日1月18日、秋田市立港北小学校にお邪魔し、6年生108名の皆さまに向けて『かがやき学習 未来を見つめて』をテーマにした総合的学習でお話しをさせてもらいました。

この後、港北小学校の生徒の皆さま一人ひとりからお礼の言葉を綴った文集をいただきました!
頂いた文集には、人と接するという仕事の大変さが伝わった、やりがいのある仕事だと感じたという言葉をたくさん頂き、介護、福祉の職業に興味や関心をもってくれたことに感激しました。

なかには将来介護福祉士を目指しているので今回教わったことを励みに夢に向けて頑張っていくという生徒さんもいて、今回の講演が少しでも将来のお役に立てたことを嬉しく思います!

他にもたくさんのお礼の言葉を頂き感謝の気持ちでいっぱいです!これから仕事をしていく中で、辛いこと、苦しいことがあったらこの文集の言葉を思い出し、生徒の皆さまに恥じないよう頑張っていきたいと思います!

改めまして、今回お話を下さった工藤先生、黒澤校長先生、6年生の生徒の皆さま、本当にありがとうございました!


居宅介護支援センター  T記

第二回 『ともカフェ』 開催しました!(1月21日)

2017年01月23日

ウェルカムボード作成しました♬ 
カフェ全体の雰囲気が良くなりました! 



 

タオルを使った体操で体も心も温まります



 

看護師による健康チェック。
少し血圧が高めですよ…💦



 

1月21日、2回目となる「ともカフェ」

地域の方々に介護や制度の情報発信、住みなれた地域での生活支援を目的として開催してます。

今回は、自宅で生活しながら日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護や機能訓練等を受けることのできる介護サービス「通所介護」を詳しく説明させていただきました。施設で他の利用者と接することで引きこもりや孤立を防ぎ、また介護をするご家族にとっても負担を軽減することができます。
具体的な内容をご質問いただき、より深い情報を提供できたと思います。

また、冬期間は身体を動かす機会が少ないこともあるため、ともしび会職員のために考案した「腰痛体操」をご紹介し、ご自宅でもできる内容で一緒に身体を動かしました。

参加された方々の中には驚くほど身体の柔らかい方がいたり、動かれたことでますます笑顔になった方がいたりと、とても充実した時間を過ごすことができました。

ご協力いただいたみなさまに感謝。『出逢いに感謝』です。

来月も開催予定ですよ♬



未来を見つめて(1月18日)

2017年01月19日

生徒の皆さんの真剣な眼差しに

こちらも身が引き締まりました。

 

たくさんの質問を頂き

ありがとうございました。

 

今回の講話が明るい将来のために

少しでもお役に立てればと思います。

 

1月18日 秋田市立港北小学校6年生にお会いしてきました。

冬休みが終わり、3月14日に卒業証書授与式を控え、小学校での生活もあとわずかとなった6年生108名の皆さんに「かがやき学習 未来を見つめて」と題して、社会福祉・介護福祉の仕事について話してほしいと依頼があり、「荷が重いなぁ〜(汗)」と感じながらも、少しでも関心を持っていただけるよう、お話しさせていただきました。

校舎の改修工事中ということもあって、お聞きづらいところが多く、生徒さんには大変申し訳なく思っています。後半にはたくさんの質問をいただき、福祉のこと、介護のことへの興味を僅かでも感じてもらえたのではないかと思っております。

これまでの小学校の生活の中で、また、これから新しい環境(中学校)での生活の中で、友だちや家族・地域の中で、見たこと、一生懸命努力したことやうれしかったこと等を、素直な心で感じ、これからの人生に活かしていっていただけたらと思います。お声をかけてくださった工藤先生、和やかな雰囲気で緊張を解いてくださった黒澤校長先生、本当にありがとうございました。


経営企画室   H記

威勢のいい掛け声が施設内で響きました!(1月14日)

2017年01月14日

今年も元気でお過ごしください





 

三吉節の披露にはご利用者から大きな拍手が





 

梵天(ぼんでん):地元の若者たちが、竹かごに布や五色の紙を飾り付けた梵天を担いで五穀豊穣、家内安全を祈って、神殿まで先を競う豪快な祭りです。苑内各所で迫力ある三吉
節をご披露いただき、梵天を中心に「ジョヤサ!ジョヤサ!」と掛け声を掛け、祭りの雰囲気をご利用者に感じていただきました。

梵天祭を迎えるこの時期になると、ご利用者の健康と長寿を祈願し、毎年地域の町内会が慰問として来てくださっています。

濁川町内梵天会の皆さま、一真会の皆さま、本当にありがとうございました。今年も皆さまにとって実りのある一年になりますように。



音量にご注意ください。






取材にきていただきました(1月13日)

2017年01月13日

和やかな雰囲気での取材に笑みがこぼれます。

 

実際の現場では周りのご利用者も緊張しています。

 

普段とは違った雰囲気でしたが大丈夫かな?

 

記念写真です。ありがとうございました。

 

昨年11月16日に受賞した、「脱少子化ウェーブを巻き起こす行動県民会議」(通称:ベビーウェーブ・アクション、会長:佐竹知事)ですが、秋田県では先進的な取り組みを行っている企業・団体を「脱少子化モデル企業」として広くPRするため、その取り組みを簡潔に紹介する映像を制作しています。

その映像制作のための取材が、当法人でも行われましたのでご紹介します。取り組みとして、ともしび会で力を入れてきた、資格取得支援制度、男性職員による育児休暇取得制度について、早くからそのことに目を付け実践してきた工藤嘉左衛門理事長、またその制度を活用した職員への取材です。

秋田県からの委託を受け、株式会社 販促 (はんそく)さんから、工藤 弦城さん、佐藤 敬太さんに来所いただき、楽しくお話をまじえながら、インタビューを行いました。

帰り際、「これまで取材をしてきた中で、最も楽しく取材が出きました。」とお話しいただきとても嬉しく思いました。取材に来ていただきありがとうございます。


ともしび会はこれからも、職員に優しい職場であり、これまで以上に職員同士仲良く働ける職場を目指します。
今日の取材の映像ができましたら、またご紹介したいと思います。


経営企画室 H

健康を祈願して(1月6日)

2017年01月07日

宮司様による玉串奉納です。

 

本年も皆様が健康でありますように。

 

龍神様にも祈祷して頂き

滞りなく終えることができました。

 

今年も三吉神社様のご協力により新春健康祈願祭を執り行いました。

特養、デイサービス、ショートステイのご利用者に来てもらい、厳粛な雰囲気のなか儀式が粛々と進められ、集まった皆様も神妙な面持ちで手を合わせてお祈りをしていました。

工藤理事長、諸岡施設長、各部署の代表ご利用者が、宮司様より玉串を受け取りお供えをしてもらい無事滞りなく行われました。また、調理室にある龍神様も祈祷してもらいご利用者も施設も無事に今年一年を過ごせることと思います。

本年も、ご利用者、ご家族、地域の方々のご協力を頂きながら、地域にも貢献できるよう努めていこうと思います。



特別養護老人ホーム光峰苑   S記

今年もアイディアを(1月4日)

2017年01月07日

新年を迎え気持ちを新たに。

 

工藤理事長の言葉にも

熱がこもります。

 

新ユニフォームのご紹介です。

 

新年あけましておめでとうございます。旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。本年も光峰苑グループをよろしくお願い申し上げます。

1月4日、工藤理事長による年頭の訓示がありました。新年の仕事始めということで気の引き締まる思いで職員一同参加しました。

近年の介護業界を取り巻く厳しい状況の中で、今後何が必要になってくるのか、どのように光峰苑グループをより良いものにしていくのかという内容でした。

また訓示の中で印象的だったのが、少しの気づきが大事であり普段気にも留めないことにも目を向けてみること、そこから生まれる新しいアイディアをどんどん取り入れていきたいので積極的に意見を出していくようにという部分でした。

工藤理事長の訓示を励みに、今後も更なる躍進ができるよう光峰苑グループ一丸となって取り組んでいこうと思いますので、よろしくお願いします。


居宅介護支援センター   O記

あけましておめでとうございます(1月1日)

2017年01月05日

これを見たら次に職員が

書きづらくなっちゃいますよ。

 

個性的な表情ですね!

 

この羽子板を使っての羽根つきでした。

 

新年あけましておめでとうございます。昨年中は沢山の方々にお世話になり、本当にありがとうございました。

さて、特別養護老人ホームほどのでは元旦にお正月イベントを行いました。
お正月と言えば書初め、羽根つき、福笑い、凧揚げなどありますが、その中から書初めと羽根つきと福笑いをご利用者の皆様と一緒に行いました。

書初めでは、流石と言わんばかりの達筆ぞろいでとても上手に書かれていました。中には年賀状の様に新年の挨拶を書かれている方もいらっしゃいました。

羽根つきでは卓球のラケットを羽子板に見立て、羽根の代わりに風船を使って輪になっての物でしたが皆さんとてもいい笑顔で夢中になって羽根つきをされていました。

福笑いでは目隠しをして顔の部品を手渡しながら行いました。とても個性的な顔が出来上がり、とても盛り上がっていました。

イベント中はご利用者の皆様がずっと笑顔で、時には大笑いし楽しい時間を過ごされていましたよ。そんな笑顔の中で始まった2017年、皆様にはいつまでも元気で健康に過ごして頂けますようにお祈り申し上げます。

今年も特別養護老人ホームほどのをよろしくお願い申し上げます。



特養ほどの    N記

特別養護老人ホームほどの クリスマス忘年会(12月24日)

2017年01月05日

煙突にプレゼントゲームの始まりです!


 

煙突にプレゼントをシュート!


 

クリスマスメニューです!

可愛いサンタさんがちょこん。


 

12月25日はクリスマスでしたね。この記事を読まれている皆様は素敵なクリスマスをお過ごしになられましたか?

特養ほどのでは12月24日のクリスマスイブに「クリスマス忘年会」を行いました。このクリスマス忘年会には、わざわざサンタクロースが来てくれてゲームを行いましたよ。

「煙突にプレゼント」という煙突の中にプレゼントをご利用者の皆さんから入れてもらうゲームです。サンタさん自分でプレゼントを配らないでゲームとして他の人にやらせてたのかなぁ・・・(笑)

ゲーム中は「えい!」「それ!」と掛け声をかけたり、挑戦中のご利用者に声援を送るなどとても盛り上がっていました。

その後、ホールに飾っているクリスマスツリーの前でサンタクロースと一緒に写真を撮りましたが、皆さんとてもいい笑顔でカメラに向かっていたのが印象的でした。

昼食はクリスマスメニューでオムライス、エビフライ、フライドチキン等豪華メニューでしたよ。

昼食におやつと、とても嬉しそうに召し上がり「美味しいね」と笑顔で話されていて、その光景を見ているだけでほっこりとした気持ちになれました。

クリスマスが過ぎるといよいよ年越しになりますね。
皆様良いお年をお過ごしください。





特養ほどの   N記