1. ホーム
  2. 光峰苑スタッフブログ

スタッフブログ

画像をクリックすると拡大して見ることができます

ケアホテル鶴木台 フルーツバイキング(7月27日)

2017年07月28日

美味しそうな果物が沢山!


 

好きな物好きなだけ食べて下さいね!




 

連日の蒸し暑い中、皆様熱中症とかは大丈夫でしょうか?こまめな水分補給、塩分補給でこの暑さを乗り切りましょう!

さて、7月27日にケアホテル鶴木台ではフルーツバイキングを行いました。
午後からの開催でしたが、午前中にご利用者の皆様にお話ししたところ「早く果物食べたいね!」と、始まる時間を楽しみに待って下さっていました。

ご利用者の皆様からの大きな拍手でフルーツバイキングが始まりました。メロン、スイカ、パイナップル、ゴールデンキウイ、キウイ、バナナ、牛乳寒天のフルーツポンチをご用意し、ご利用者の皆様から好きな果物を選んで召し上がって頂きました。

「これ好きなの選んでいいの?」「おいしい」「贅沢だ」等と皆様とてもいい笑顔で召し上がっていました。そんな様子を見ながら「自分も食べたい・・・」なんてことも思ってしまったり(笑)

とても満足そうに召し上がって頂いた様子を見ながら、やはりご利用者の皆様に喜び笑顔で過ごして頂けることが私たちの喜びになり、より一層の励みにもなりました。
素敵な笑顔をありがとうございます。

ケアホテル鶴木台   N記

皆様の支えに感謝(7月24日)

2017年07月28日

地域の方々からの支え

繋がりに感謝です。

 

私達からも少しでも

地域貢献できるよう頑張ります。

 

7月24日に秋田県中部地区郵便局長夫人会秋田第一部会様より特別養護老人ホームほどのへタオルの寄贈がありました。



当施設を代表してご利用者が受け取り、その様子を見て、他のご利用者の拍手がホール内に響きました。

今回、頂いたタオルは有効に活用させていただきます。秋田県中部地区郵便局長夫人会の皆様、ありがとうございました。




特養ほどの    K記

素敵な歌声にうっとり(7月22日)

2017年07月25日

一真会の皆様です。

 

さぁ皆さんご一緒に♪

 

ほら貝の音色が響きます!

 

7/22秋田民謡一真会の皆様が来て下さいました。

当事業所の職員、相原寅一さんが所属する民謡会で全国大会でも数々の賞を受賞されている実力派の団体様です。

秋田県民なら聞き覚えのある「秋田おばこ節」から始まると皆さん一緒に口ずさみ、歌い手さんの迫力ある歌声に合わせて手拍子や歓声を送っていました。

「秋田長持唄」では昔を懐かしんでか涙ぐむご利用者もおりました。
最後は恒例の「三吉節」で締めくくりとなりましたが、皆さん元気に「ジョヤサー、ジョヤサー」と合いの手を送りご利用者の方々、職員共にとても楽しい時間を過ごせました。

是非、また来て頂けるのをお待ちしています。





特養光峰苑   K記



今日は夏祭り!(7月16日)

2017年07月25日

ユニフォーム紹介は職員による

ファッションショーです。

 

雨の中、職員がヤートセを頑張りました。

 

幻想的な姿の西馬内盆踊りです。

 

華麗なフラダンスの披露でした。

 

光峰苑歌をご利用者様と一緒に踊りました。

 

7月16日に特別養護老人ホームほどの夏祭りを行いました。

当日は残念ながら大雨となってしまいましたが雨にも負けず、風にも負けず…職員が一丸となって、ご利用者に楽しんでいただけるよう精一杯頑張りました。

今回の夏祭りに合わせて、職員の服装も一新しました。服装のデザインは、特養ほどのの敷地にシンボルとなる柿の木があったことから柿をイメージしたデザインとなっています。

特養ほどのの看板や送迎車のロゴも柿色なのはそういう由来があったからなんですが、皆さん知っていましたか?

夏祭りには慰問の方々も来てくださいました。慰問の西馬内盆踊り「灯乃会」様、フラダンスサークル「フラ・プルメリヤ」様、悪天候の中、ご利用者様の喜ぶ顔が見たいと話され軽快なリズムと美しく優雅な踊りを披露してくださいました。

最後は職員全員による光峰苑歌で締めくくりました。雨の中、足を運んで頂いたご利用者家族様、近隣住民の皆様方、地域の皆様に支えられほどの夏祭りを無事に終えることが出来ました。ご協力ありがとうございました。



特養ほどの  K記

皇太子殿下、来秋!(7月11日)

2017年07月24日

暑さ対策をしっかりして警察の方の

指示に従い待ちます。

 

待ちに待った時が来ました!

まずは先導の警察車両が通ります。

 

皇太子さまのお顔は少ししか拝顔できませんでしたが

雅子様のお顔はしっかりと拝顔できました

 

先日、皇太子殿下、皇太子妃がお揃いでご来秋されました。

特別養護老人ホームほどのでも、一目でも拝顔できればとのことで11日の午後にご利用者と一緒に通り町に足を延ばし、通るのを心待ちにしていました。

当日は、とても暑く麦わら帽子を被り水分補給もしっかり摂り、暑さをやり過ごす為、アイスを食べながら涼を取りました。

予定の時間になると先導の警察車両が通り皇太子ご夫妻を乗せた車がご利用者の前に差し掛かりました。

集まった方々から一斉に歓喜の声があがり、皇太子ご夫妻に負けないくらいの穏やかな笑顔で手を振っていらっしゃいました。

少しの時間でしたが、ご利用者の皆様の心に残るとても貴重な一日でした。




特養ほどの   S記

願い事はなんですか?(7月7日)

2017年07月18日

七夕の飾りと皆様の願い事です。

叶うといいなぁ…

 

天の川をイメージしたデザートです。

 

夏にピッタリの涼しげなメニューでした。

 

7月7日は七夕です。
特別養護老人ホームほどのでも、ご利用者の方々が願いを込めた短冊を笹に飾らさせて頂きました。

ご利用者の願い事の多くは、健康や体の事に関するものが多くありましたが、中には職員の事を気遣う言葉もあり嬉しく思います。

この日はおやつと昼食にも調理の方に力を入れてもらい七夕を感じられる食事を提供してくれました。

午後には笹飾りと七夕のイラストの前で記念撮影をしてご利用者の笑顔がたくさん見られた1日となりました。

短冊に書いた願い事が叶いますように。


今後も季節の行事等を積極的に行っていく予定ですのでお楽しみに!



特養ほどの   S記

ボランティア・慰問のお知らせ 2017年7月

2017年07月18日

 

ボランティア(慰問)の予定をいただきました。
ご利用者も職員も楽しみにしています。

ボランティア・慰問をご希望される方はこちらまでご連絡ください。
みなさまの行動は、ご利用者にとっても有意義な時間です。
私たち職員もお手伝いいたします。

******************************
社会福祉法人 ともしび会
ボランティア・慰問担当   石場 繁(いしば しげる)
                 (光峰苑デイサービス職員)
TEL 018-868-1188  FAX 018-868-1189
※ご連絡の際は、希望日時、参加予定人数、内容等をお話ください。
******************************

画像をクリックすると拡大して見ることができます


間もなくほどの夏祭り(7月7日)

2017年07月07日

今から祭り本番が楽しみです!

 

施設内も祭り色になっています。

 

7月に入って蒸し暑い日が続いています。職員も暑さに負けぬよう元気に働いています。

さて、今月の16日に特別養護老人ホームほどのでは【ほどの夏祭り】を開催致します。今年より名称を変更し【ほどの夏祭り】となりまして、気持ちを新たに職員が一丸となって開催に向けて準備を進めています。

今年は職員の催し物でヤートセを踊る他に、フラダンスサークル、フラ・プルメリヤ様、西馬音内盆踊り、灯乃会の慰問参加が決定し益々盛り上がっています。

雨天時は残念ながら施設内での開催となりますが、晴天時は敷地内の駐車場内での開催となりますのでお気軽にお立ち寄りご覧下さい。

その他、振る舞い物も若干ではありますが、準備しておりますので祭り当日をお楽しみに。

お気になることはお気軽にお問い合わせ下さい。



特養ほどの  K記

懐メロ歌謡サークルの慰問!!(7月6日)

2017年07月07日

素晴らしい歌声!!うっとりします。

 

最後はご利用者の方々も一緒に大合唱!!

 

本日、秋田市シルバー人材センターより8名の方々の慰問がありました!

「高原列車は行く」「故郷」「矢切の渡し」といった懐メロを披露して下さいました。ご利用者の皆様も笑顔で懐かしみながら歌を口ずさんでいました!!

「あぃ〜、懐かしいなぁ。」「この歌、昔よく歌ったよ。」とご利用者の方々が職員に教えて下さり、若い職員も様々な歌を聞く事ができてよかったです!

私もこんなに上手に歌えればなぁ・・・と慰問の方々がうらやましくなりました。

シルバー人材センターの皆様、素晴らしい歌声を本当にありがとうございました!!



ケアホテル鶴木台  I記

暑さ対策は万全!(6月30日)

2017年07月07日

慣れた手つきで手際よく・・・

さすがです!!


 

色鮮やかなしそジュースが完成です

ひんやり冷えてて美味しそうです♪


 

たくさん飲んでこの厳しい暑さを

皆さんで乗り切りましょう!!


 

蒸し暑い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。今年も熱中症に気をつけて、多めの水分補給を心がけましょう!

さて、特養ほどのでは“しそジュース”を作ってみようという事でご利用者の皆様と一緒に作ってみました。

@赤いしその葉を茎から取り

A水洗いして土を落とし
     ↓
B鍋に水を入れ火をかけ、沸騰させ・・と、
ご利用者の皆様は慣れた手つきで手際良く作っていました。さすが長年やってこられた経験ですね。

職員一同・・・ただただ感心でした。

沸騰させてこした液に砂糖を入れてよく溶かした後はポッカレモンを加え冷やし、水や炭酸水で割って完成!

出来立てのしそジュースに「美味しい。おかわりある?」と大好評でした。あまりの美味しさに「全部なくなっちゃった」と大笑い。

赤しその効果には美肌、整腸、食欲増進、夏バテ予防などが含まれているそうですよ。色鮮やかな赤しそジュースで健康増進、夏バテをしないようにこの夏を乗り切りましょう!!



特養ほどの   T記


施設でも学びを(6月27日)

2017年07月07日

一人一人にあったレベルの教材を

使用しています。

 

楽しむことが第一なので色々な教材があります。

 

読み書き、計算等もあります。

 

秋田も梅雨入りして寒い日や天気が悪い日などが入り混じり、天候が不安定なこの頃です。

さて、光峰苑全体ではくもんによる、学習療法に取り組んでいますが、特別養護老人ホームほどのでもほぼ全職員が資格を持ち、取り組んでいます。

今月の初めより、また新しく学習療法に参加される、ご利用者が増えました。学習中を覗いてみると、楽しんで問題を解いて脳を活性化している様です。

学習療法の効果は高齢者の日常生活に現れてきます。学習を続けていくことで笑顔が増えたり、他人への思いやりが戻ったりと“その人らしさ”を取り戻していくことも期待されます。

また、個々のご利用者との関わりが増え、職員のコミュニケーション力や観察力も高まり、ご利用者全体に対しての介護の質の向上も期待される等、ご利用者だけでなく、職員、施設全体へも効果をもたらします。


学習療法について詳しく確認したい方はお気軽にお問い合わせください。


特養ほどの   K記

ほどの防災訓練(6月23日)

2017年07月07日

施設職員による初期消火の様子です。

 

ご利用者の皆様の避難が無事に終わりました。

 

消防職員の方から評価を頂いています。

 

6月23日に特別養護老人ホームほどのにて消防職員の方のご協力のもと、防災訓練を実施しました。

今回は夜間帯の想定での訓練で、夜勤と当直の職員が隊員となり出火場所の初期消火とご利用者の避難誘導の訓練を行ないました。

隊員たちの声かけ、迅速な対応で時間内にご利用者の皆様の避難誘導は無事に完了しました。

訓練後、消防職員の方よりきめ細かい評価を頂き、人数の把握や最終チェックなど今後の課題を見い出すことができました。

地震や火災はいつ起こるかわかりません。いざという時にご利用者の安全を守れるよう、訓練を重ねていくことが大切だと改めて実感しました。

消防職員の方のご協力、誠にありがとうございました。



特養ほどの  S記

心と体に負担をかけずに(6月21日)

2017年07月07日

今回は40名以上の職員が出席しました!

 

2名で対応することで、ご利用者、職員ともに

安全、安心した援助を。

 

実技ではご利用者の気持ちを

感じ取ることが出来ました。

 

今週は暑い日が続くと思ったら、突然雨に見舞われるなど不安定な天気が続いています。湿気の多いこの時期は食べ物が傷みやすいので食中毒にならないように食品管理をしっかりとしましょう!

6月21日に職員研修を行いました。内容はおむつ交換の注意点・手順とベッドから車いすへ移る際の注意点・手順について、実技を交えて行いました。

おむつ交換、車いすから移乗するのは介護職員として基本的な援助の一つですが、一日に何度も行うことから、ついつい手早く終わらせようとしたり、慣れからご利用者への配慮が足りなくなってしまうことがあります。そのため、今一度ご利用者、職員ともに心と体に負担の少ない手順を確認しました。

実技を交えての講話の後に、実際に職員同士で手順の確認をして思ったことが、おむつ交換をされる側の気持ちとして恥ずかしさや戸惑い、申し訳ないという思いがあることを改めて感じることが出来ました。

手順ももちろん重要ですが、気持ちに配慮した声掛けであったり表情も重要であると改めて学び、これからの業務にもきちんと生かしていこうと思います!!


職員教育委員会   O記

日頃の感謝を込めて(6月18日)

2017年07月07日

黄色いバラを贈らせて頂きました。

 

父の日はアメリカで発祥したみたいですね。

 

焼き鳥や枝豆といったお父さんが

好きなおつまみの入ったメニューです。

 

6月18日は父の日でした。

ということで、特別養護老人ホームほどのでは、男性のご利用者に日頃の感謝の気持ちを込めてささやかながらプレゼントを用意しました。

男性ご利用者一人ひとりに担当職員からのメッセージカードと黄色いバラのプレゼントをさせて頂きました。

プレゼントをお渡しすると、満面の笑みでもらったバラを皆様に見せる方や、メッセージカードを読んで涙を浮かべる方もいて、表現の仕方は違えど皆様によろこんで頂けたようで職員も心が温かくなる時間になりました。

これからも、お元気で過ごして頂けるよう努めていこうと思います。


特養ほどの  S記