1. ホーム
  2. 光峰苑スタッフブログ

スタッフブログ

画像をクリックすると拡大して見ることができます

新企画!お食事で全国温泉地巡り!!(9月16日)

2020年10月19日

美味しそう!!

みかんで炊いてるそうです。

 

愛媛の料理に舌鼓!

 

ご利用者の日々の楽しみといえば、やっぱり「お食事」です。特養ほどのでは、その楽しい時間がより豊かになるイベントが今月より始まりました。

その名も「郷の旬彩〜日本全国癒しの旅」!
秋田に居ながらにして、毎月、日本全国の温泉地の郷土料理が食べられるのです。

初回となった今月は、愛媛の道後温泉。名産のみかんで炊く「あけぼの飯」、月見を兼ねて宴会をする際に食べるという「いもたき」。等々・・・。

お配りしたお品書を見ながらご利用者同士の会話も弾んでいる様子でした。お品書に日付けを書いて、記念としてお持ちになる方もいらっしゃいました。


「来月もありますよ。」とお伝えすると「楽しみね。」と笑顔。職員にとっても、「御利用者の皆様の笑顔」という御馳走を頂くことが出来ました。



特養ほどの  I 記








日頃から連携を(9月8日)

2020年09月10日

ご利用者の安全を第一に焦らず迅速に。

 

ご利用者も大きな混乱なく避難しています。

 

避難人数の最終確認を。

 

訓練後の講評では、日ごろの連携の大切さを

実感しました。

 

9月に入り、暦の上では秋ですが、まだまだ連日猛暑が続いています。加えて突然の大雨といった例年にはない異常気象が続いています。体調管理と防災の備えは日頃から心がけなくてはいけませんね。

9月8日に光峰苑グループにて防災訓練を行いました。今回は新型コロナウィルスの影響もあり消防職員の方の立ち合いはありませんでしたが、猿田工業様の立ち合いの下で実施しました。

今回は夜間帯の想定での訓練で、夜勤と当直の職員が隊員となり、出火場所の初期消火とご利用者の避難誘導の訓練を行ないました。

初期消火は訓練内容にある通り失敗したのち、隊員たちは声を掛け合いながら、実際の火災さながらの緊張感をもって臨んでいました。隊員たちの迅速な誘導により、大きな混乱もなく時間内に無事ご利用者の避難誘導を完了しました。

訓練後、猿田工業様からの講評では、日頃から連携が図れていることが伺える迅速な対応であったとの評価を頂き、改めて訓練を重ねていくことの大切さを実感しました。

地震や火災はいつ起こるかわかりませんし、先にもお伝えしましたが、例年にない異常気象が続く中、これまで想定していた以上の災害が自分たちの身に降りかかるわかりません。

いざという時にご利用者の安全を守れるよう、日頃からの万全な備えをしておくことが大事だと感じました。

例年にはない催しをパートB(7月25日)

2020年08月12日

やったー

タオルゲット

 

どれにしようかな〜



 

前回に引き続き、特養ほどのの夏祭りの様子をご紹介します。

前回はお面、金魚釣り、綿あめをご紹介しましたが、次に用意してあるのはくじ引きの屋台!くじは千本釣り…はさすがに準備できませんでしたので、少し減らして五本釣りにしました…
ご利用者には戸惑いながら紐を引いている方もいましたが、景品を引き当てると「タオル当たった!」「ジュース早く飲みてぇ」等と大喜びでした!

最後はかき氷を貰ってフィニッシュ!色とりどりのシロップを準備し目でも楽しんでもらえたのではないでしょうか。
全ての屋台を回った後はホールにて綿あめとかき氷をゆっくり頬張っていました。

夏祭りが終わってからは、たくさんのご利用者から「楽しかった」「もう一回やりたい」との言葉をいただきました!私たち職員も手探りで進めてきましたが、ご利用者の言葉を受け有意義な時間を過ごすことができました。

今後も楽しいイベントを行っていきたいと思います。
来年は、ご家族や地域の皆様と一緒に楽しんでいきたいですね!!



特養ほどの   A記

例年にはない催しをパートA(7月25日)

2020年08月06日

工藤理事長のお面が一番人気です‼

 

鯉!釣りあげましたー!

 

皆さん真剣です。

 

釣った金魚は池に戻し作品を作り上げました。

 

前回に引き続き、特養ほどのの夏祭りの様子をご紹介します!

いよいよ夏祭り開催となり、引換券を持ってまず最初に向かうのはお面の屋台!好きなお面を選んでもらうと…一番人気は『工藤理事長』の顔写真のお面!?すぐに売り切れてしまいました。

次には金魚釣り!本物の金魚…とはいきませんが職員が一匹一匹手作りで用意した金魚です。最初は「うまく釣れるかな」「どうやってするんだ?」と不安気なご利用者も、いざ釣り竿を持つと…黙々と釣ってる方、釣れると手を叩いて喜ぶ方と反応も様々でした。普段は物静かなご利用者にも笑顔が見られました。

次は綿あめの屋台です!「初めて食べた」と言うご利用者もいて大変喜んでいました。そして段々と綿あめ作りのレベルが上がる職員!最後は帽子みたいな大きな綿あめを作れるまでになっていました。

次回は残りの屋台のご紹介をしていきます。

特養ほどの   A記


例年にはない催しをパート⓵(7月25日)

2020年08月06日

ふわっふわの綿あめを2人で作ります!

 

どのお面が一番人気か楽しみです!

 

扇子やうちわ、ジュースにお花、

何が当たるでしょうか!

 

金魚の他に鯉や亀もいますよ。

 

かき氷機の調子もばっちりです!

 

8月に入りましたが、秋田では梅雨明けはまだのようです。
皆さま体調はお変わりないでしょうか?

さて、7月25日に『特別養護老人ホームほどの 夏祭り』を行いました。内容が盛りだくさんのため、複数回に分けてご紹介していきたいと思います!

今年は新型コロナウィルスの影響もあり、例年とは施行を替えて施設内にてご利用者と職員のみとで開催をいたしました。毎年楽しみにして頂いていたご家族、地域の皆様には誠に申し訳ありませんでした。

施設内で行うのは初めての試みとなり、ご利用者の方々だけでなく職員も始まるまで期待いっぱい、不安でドキドキと複雑な心境で迎えることとなりました。

当日は施設内に屋台を数か所設置し、室内でも縁日の雰囲気を味わってもらえるように例年以上に時間を掛けて準備をしてきました。

お面、金魚釣り、綿あめ、くじ引き、かき氷!
さぁ!夏祭りの開幕です!




特養ほどの   A記

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>