1. ホーム
  2. 光峰苑スタッフブログ

スタッフブログ

画像をクリックすると拡大して見ることができます

打って!弾んで!風船卓球(11月27日)

2021年11月30日

皆様、風船に夢中ですね。

 

ラケットを使って見事にショット!!

風船を打ち返しました。

 

ラケットと一緒に記念撮影。

とてもお似合いです。

 

今年も残すところあと、1か月程...特養ほどのではコロナに負けないよう毎月楽しい行事や余暇活動等を行っています。11月の最後のイベントは・・・「風船卓球!!」11月20日、27日に行いました。

テーブル内で2人ずつで対面になり手作りラケットで風船を打ち合う運動系レクリエーションです。

卓球をする機会というのはないもので初めてやる方もいれば「久しぶりにやるわ。」と、昔卓球をやっていた方も...戸惑う方もいましたが、ラリーを重ねるたびに「やったー!!」と掛け声も大きくなり、周囲の方々も「ほら、頑張って!!」と熱のこもった声援で勝負を盛り上げて下さいました。

寒い季節となり、運動する機会が少なくなる時期ですが、今後もご利用者の皆様が楽しめるイベントを企画していきたいと思います。


特養ほどの   S記

日頃から備えと安全対策を(11月26日)

2021年11月30日

出火場所発見!消火栓にて消化開始!

 

焦らず、怪我のないよう急いで避難を!

 

皆さん無事に避難を終えることが出来ました。

 

今後の防災訓練にも繋がる良い教訓となりました。

 

11月26日に特養ほどのにて総合防災訓練を行いました。

今回は日勤帯の想定での訓練で、各階の職員全員が隊員となり、出火場所の初期消火、受信機の操作とご利用者の避難誘導を行ないました。

火災発生を示す現場には各階から消火器を持った職員が集まり声を掛け合いながら、消火器や消火栓を使って初期消火をしました。

普段から何気なく目にしている消火器や消火栓も、各階どこに設置されているのか消防設備についても再度確認できました。

受信機の操作では、焦らず落ち着いて必要な情報を正確に伝える!分かってはいますが、どんなに訓練を重ねていてもやはり緊張と不安で手間取ってしまい普段から意識して復習することが大切だと改めて感じた訓練となりました。

訓練後、施設長、防火管理者からの講評では、日頃から連携が図れていることが伺える迅速な対応であったとの評価を頂き、改めて訓練を重ねていくことの大切さを実感しました。

地震や火災はいつ起こるかわかりませんし、先にもお伝えしましたが、例年にない異常気象が続く中、これまで想定していた以上の災害が自分たちの身に降りかかるわかりません。いざという時にご利用者の安全を守れるよう、日頃からの万全な備えをしておくことが大事だと感じました。

いつ起こるか分からない災害に備え、訓練から学んだ事を復習しながら、ご利用者の皆様が安全に安心して生活できるようにこれからも緊張感をもって避難訓練を行っていきます。



特養ほどの   S記

秋の味覚! フルーツ祭り(11月17日)

2021年11月30日

ホールではフルーツと

紅葉の飾りつけと一緒に記念撮影。

季節感にピッタリですね。

 

りんご、柿、洋梨、みかん勢揃いです。

思わず、よだれが...

 

美味しい!!思わずビックリ!!

 

笑顔が素敵ですね!皆さんで美味しく頂きました。

 

11月17日、特養ほどのでは毎年恒例になっているご利用者の皆様に好きな果物を選んで食べて頂くフルーツ祭りを行いました。

色鮮やかで美味しそうに飾られた果物をみて「わぁ綺麗!」と大変喜んで頂けたようでした。職員と一緒にどれがいいか選び、和気あいあいと会話を楽しみながら召し上がって頂きました。

「甘くて美味しい」「お代わりあるの?」「毎日食べてもいいね」ととても大好評でした。ご利用者の皆様に喜び笑顔で過ごしていただけたことが私たちの喜びとなり、より一層の励みにもなりました。

今は秋の果物が美味しい季節です。秋の旬な野菜や果物、が出回っているのをみると季節の移ろいを感じますね。季節の果物は栄養価も高く体にも良いので、皆様も積極的に摂っていきましょう!


特養ほどの   S記

特養ほどの ペタンク選手権 開幕!(11月13日)

2021年11月30日

狙いをさだめて集中!

 

投球!!入るかな?

 

見事に優勝!!

トロフィーの贈呈です。

 

日に日に寒さが増して、温かいものが恋しい季節になりました。特養ほどのでは11月6日、13日にペタンクの大会を行いました。

「ペタンク」とは世界各地で普及しているスポーツで、地面に的を置き、鉄球を投げ合い、相手より的に近づけることで得点を競うスポーツです。
健康管理のためにも効果的で、小学生から80代の高齢者まで、年齢の壁を越えてともに楽しむことができます。

片手で持って転がせばいいので、椅子に座っても、車椅子に乗っても出来るのが特徴です。初めての試みなのでとりあえずやってみることに。鉄球は用意できなかった為、「玉入れ」の玉で代用です。

始めて見ると、的を外して「あぁ〜惜しかった」的の近くに来て「上手く行った」等、盛り上がっていました。ご利用者からも高評価で有意義な時間を過ごすことが出来ました。

ご利用者からは「楽しかった」「これだば誰でも出来るな」等、ありがたいお言葉を頂きました。今後も楽しいイベントを行っていきたいと思います。


特養ほどの   S記

『はっけよい...のこった!!』紙相撲ほどの場所開幕!!(10月17日)

2021年10月29日

紙相撲開始!

皆さん叩くのに夢中です。

 

白熱した取り組みながら

笑みもこぼれます。

 

優勝おめでとうございます。

メダルと一緒に記念撮影!

 

秋も深まり寒さ増す今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。10/17(日)に特養ほどのでは、『大相撲10月場所』にちなんで、『紙相撲ほどの場所』を行いました!!

真剣な表情で作製に取り組み、「これだば、負けないべ。」と、意気込みを話し満足されたご利用者の方も...

そして、待ちに待った紙相撲大会ではトーナメント戦で行い、見事に優勝されたご利用者にはメダルの贈呈を行いました。優勝された方も惜しくも敗れてしまった方も「また、やりたい!」との言葉もあり、賑やかな雰囲気の中で紙相撲大会を終えることが出来ました。

これからの季節は屋内での行事が盛んになる時期になりますが、ご利用者の皆様に楽しんで頂ける行事をたくさん企画していきたいと思います!!



特養ほどの    S記

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>